第二言語習得論

「行動主義理論と第二言語習得: メカニズムと適用」心理学者ジョン・B・ワトソン

thumbnail

第二言語習得における行動主義理論を理解することは、特に英語学習の文脈でいくつかの利点を提供します。まず、行動主義理論は明確で具体的なフレームワークを提供し、学習者が具体的な行動目標に向かって進捗を追跡することを可能にします。例えば、正確な発音や文法の使用といった特定の行動の修得を目指すことができます。

また、行動主義の強化と罰の概念は、教師が学習者の進捗を評価し、適切なフィードバックを提供するのに役立ちます。正しい反応を強化することで、学習者は正確な言語使用を増やす傾向があります。一方、誤った反応を抑制することで、誤った言語使用を減らす傾向があります。

さらに、行動主義理論は教師に対して、言語学習のプロセスを構造化し、組織化する方法を提供します。具体的な教え方や練習の形式、進行速度の調整といった指導法の工夫が可能になります。これにより、学習者が必要とするスキルを効果的に習得する支援ができます。

行動主義理論の概要

head image

行動主義理論は、ジョン・B・ワトソンにより提唱され、B.F.スキナーにより発展した学習理論です。行動主義は、学習者の内的な精神過程よりも観察可能な行動に焦点を当てることで、学習を客観的に測定可能なものと捉えています。学習とは、環境からの刺激に対する反応とその結果生じる行動の変化であり、この変化は条件付け、つまり強化(報酬)または罰により引き起こされるとされています。スキナーは特にオペラント条件付けを発展させ、行動が強化によって増え、罰によって減ることを強調しました。彼の「スキナーボックス」実験は、行動主義的アプローチの典型的な例です。

head image
英語を試せる無料イベント
理論を学んだらやっぱり実践、質問や答えの内容を事前に準備できるから 効率的に理解可能で必要な英語を身につけていける。 第二言語習得論を意識した最適な場です。

行動主義理論と第二言語習得

head image

行動主義理論が第二言語習得に適用されると、オーディオリンガル法という教育法が生まれました。この方法は、新しい言語の習得を一連の刺激と反応の連鎖として捉え、学習者は言語のパターンを繰り返し反復練習することで新しい言語を習得すると考えています。また、言語使用の正確さは、正しい反応の強化(たとえば、正確な発音や文法の使用に対するポジティブなフィードバック)と誤った反応の抑制(たとえば、誤った文法の使用に対するネガティブなフィードバック)によって達成されます。

行動主義理論の利点と制約

head image

行動主義理論の主な利点は、その客観性と測定可能な結果です。学習プロセスと結果が具体的で観察可能な行動として定義されるため、学習者の進捗をはっきりと追跡し、評価することが可能です。一方、行動主義は言語習得の内的な過程、つまり「学習者が何を考えているか」や「なぜ特定の言語パターンを使用するのか」といった問いを無視すると批判されています。また、言語の複雑さや創造性、意味理解といった側面は行動主義のフレームワークでは説明が難しいです。

行動主義理論の現代への影響

head image

行動主義理論は第二言語習得の教育法として現在でも一部利用されていますが、他の理論(認知主義や社会文化理論など)と組み合わせて使用されることが一般的です。行動主義理論の重要な貢献は、その実験的手法と経験主義的アプローチにより、教育と心理学における科学的研究の基盤を提供したことです。この理論の影響は、行動変容の実践や特別な教育ニーズのある学習者への教育など、教育の幅広い分野で見ることができます。

head image
「"効率的に英語を習得" - Michael Longの研究が示す最良の方法」
あなたも英語学習の中で、"なぜうまくいかないのだろう?"と疑問に思ったことはないでしょうか。英語をもっと効果的に学びたい...そんな切実な願いを持つあなたに、今回この記事を贈ります。Michael Longの革命的な研究をもとに、私たちがなぜ効果的に学べないのかの理由を明らかにし、その解決策を手に入れることができます。
この記事がおすすめです
head image

英語を試せる無料イベント

英語を試せる無料イベント
ネイティブがよく使う単語2つの組み合わせ(句動詞)の使い方をマスターしよう

英語を試せる無料イベント

英語を試せる無料イベント