第二言語習得論

「どうやって英語を学ぶべきか?第二言語習得論で明らかになった効果的な学習法

thumbnail


英語学習において「難しい」という感覚、あなたも抱えていませんか?「どうやって学ぶのがベストなのか」という問いに対する答えは、驚くほど身近に存在します。その答えの鍵を握るのが「第二言語習得論」という学問。この理論は、多くの英語学習者が実感する難しさの原因を明らかにし、それに基づく効率的な学び方を提供してくれます。この記事では、過去の学び方との違いを浮き彫りにし、あなたの学びに新しい風をもたらす革命的なアプローチを解説。さらに、日常生活に簡単に取り入れられる具体的な学習法や、成功者たちの体験談までを紹介。最先端の研究に基づき、英語学習の悩みを解消し、目指すべき方向性を明確にします。今回の内容を手に入れれば、あなたの英語学習が新しいステージに進むこと間違いなし。さぁ、一緒に効果的な学びの旅を開始しましょう。

「なぜ英語学習が難しいと感じるのか?過去の学び方との違い」

head image

「英語を学びたい!」と意気込み、初めは熱心に取り組むものの、途中で挫折してしまう。こんな経験、あなたにもあるのではないでしょうか?多くの人が英語学習に挑戦する中、継続できる人とできない人の差は一体何なのか。その答えを探るため、過去の学び方と現代の学び方の違いを比較してみましょう。

初めに、英語学習のアプローチにおける古典的な方法を振り返ると、多くは文法中心の学習でした。これは言語を数学のようなロジックで解決しようとするもので、そのため多くのルールや例外を一つ一つ記憶する必要がありました。しかし、言語の流暢さを手に入れるには、この方法だけでは限界がありました。例えば、スポーツのトレーニングを考えてみると、理論だけ学んで実際のプレイに挑戦しなければ、真のスキルは磨けません。英語も同じで、実践的な環境での学びが欠かせないのです。

次に、過去の学び方の中で特に効果的だとされていたのが、暗記です。単語や熟語を繰り返し繰り返し記憶することで、頭に定着させようとするアプローチ。しかし、この方法もまた時間が経つと忘れてしまうリスクが高く、効率的ではありませんでした。仕事や趣味での経験を考えると、一度だけ学んだ技術や知識よりも、日常的に使うものの方が身につきやすいことは明白です。

そんな中、最近の研究では、第二言語習得論に基づいた新しい学びのアプローチが注目を浴びています。この理論は、第一言語としての母語とは異なる言語を学ぶ過程や方法についての研究で、英語学習に大きなヒントを与えてくれます。そして、この理論に基づいて考えれば、過去の学び方には多くの非効率的な部分があったことがわかります。

言語学の専門家、Dr. James Lantolfは、**「真の言語習得は、実践的な使用と深い意味の理解を伴う環境でのみ達成される」と述べています。[1]

このことからも、単なる暗記や文法中心の学びだけでは、英語の習得は難しいと言えます。実際に言語を使う機会を増やすこと、そしてその過程での深い理解を追求することが、効果的な学習への鍵となるのです。

次の見出しでは、「第二言語習得論」とは具体的に何なのか、そしてそれがどのように英語学習に役立つのかを深掘りしていきます。この新しい視点から、あなたの英語学習も大きく変わることでしょう。

[1] Lantolf, J. P. (2000). Introducing sociocultural theory. In J. P. Lantolf (Ed.), Sociocultural theory and second language learning (pp. 1-26). Oxford: Oxford University Press.

head image
英語を試せる無料イベント
理論を学んだらやっぱり実践、質問や答えの内容を事前に準備できるから 効率的に理解可能で必要な英語を身につけていける。 第二言語習得論を意識した最適な場です。

「第二言語習得論とは?あなたの学びを変える新しいアプローチ」

head image

皆さんは、仕事やスポーツで新しいスキルや技術を習得する際、試行錯誤を繰り返した経験があるでしょう。英語の学びも同様、正しい方法を見つけるのは容易ではない。そこで、この章では「第二言語習得論」(学び手が自身の母語以外の言語を習得する過程や方法に関する研究)の魅力に迫ります。

近年、第二言語習得論が注目されるようになりました。一般的な言語学とは異なり、こちらは実際の学習者の視点や体験に基づいて言語の習得方法を探るもの。その中で、英語学習者が最も効果を実感する研究結果やアドバイスが数多く報告されています。

ある研究によれば、単に文法や単語を覚えるだけでなく、その言語の「文化」や「使われる状況」を理解することが、スキルの習得を加速するキーであると指摘されています1。スポーツでいうならば、ルールだけを知っていても実際の試合に勝てないように、言語も状況に応じた使用方法を学ぶことが不可欠です。

また、第二言語習得論の研究により、伝統的な学習方法と比較して、実際のコミュニケーションを重視した学習が効果的であることが示されています2。実際の会話を通じて、新しい単語や表現を学ぶことで、それを自然に使いこなせるようになるのです。

このような研究成果を知ることで、私たちの英語学習のアプローチ自体が変わるかもしれません。過去の学習方法に固執するのではなく、新しい情報や手法を取り入れることで、更なるスキルアップが期待できるのです。

仕事での経験を引き合いに出すならば、新しいツールやソフトウェアが導入された時、最初は戸惑うかもしれませんが、その新しいツールの機能を活用することで、作業効率や成果が大きく向上することがあります。これと同じように、新しい学習法を取り入れることで、英語学習の効果も飛躍的に向上する可能性があります。

最後に、第二言語習得論はあくまで「一つのアプローチ」ですが、この理論を知り、自身の学習法に取り入れることで、皆さんの英語学習の幅や深みが増すことを期待します。

さて、次の章ではこの第二言語習得論を具体的に活用した、日常生活で取り入れやすい効果的な学習方法を5つ紹介します。是非、そのヒントを自らの学習に生かしてみてください。

O'Malley, J. M., & Chamot, A. U. (1990). Learning strategies in second language acquisition. Cambridge University Press.

  1. Ellis, R. (2005). Principles of instructed language learning. System, 33(2), 209-224.

「効果的な英語学習の具体的な方法:日常生活に取り入れやすい5つのステップ」

head image

学んできた第二言語習得論に基づいて、英語をどのように学ぶかは大きな違いを生む要素と言えるでしょう。過去の学び方とは異なる、新たなアプローチでの学習法を具体的に5つのステップでご紹介します。スポーツ選手が日々のトレーニングで身につけるように、これらのステップを日常に取り入れることで、英語学習も劇的に変わることでしょう。

インプット重視: *過去の学び方では、言葉を覚えることに集中していました。しかし、インプット (言語を聞く・読むこと)の重要性を知ることで、効果的に学べるようになります。たとえば、子供が言語を学ぶ時、まずは周りの言葉を吸収することから始めます。仕事の場面を想像してみてください。新しいプロジェクトを任されたとき、まずは情報を集め、学びますよね?

実践的な学び: 実際の日常生活や仕事場で使えるフレーズや単語を中心に学ぶことが大切です。例として、友人や同僚とのカジュアルな会話からビジネスシーンでの交渉まで、様々な場面を想定し、役立つ表現を学んでみましょう。

フィードバックの受け取り: サッカー選手が試合後のビデオでプレーを分析するように、英語学習でもフィードバック (他人からの評価や意見)を受け取ることが必要です。ネイティブスピーカーや教師からのアドバイスをもとに、自分の弱点を改善していきましょう。

継続的な学習: 英語学習はマラソンのようなもの。急激にスピードを上げるのではなく、一定のペースで継続的に学び続けることが重要です。毎日の習慣を形成し、少しずつでも確実に前進していきましょう。

楽しみながら学ぶ: 何事も楽しみながら行うことで、継続的に取り組むモチベーションが高まります。英語学習も例外ではありません。映画や音楽、趣味を通じて英語に触れることで、学びの楽しさを実感できるでしょう。

以上の5つのステップを実践することで、英語学習が一層効果的になり、日常生活や仕事に役立つスキルとして育てることができるでしょう。次回の見出しでは、この学びを更に加速させるための成功例や実践者からのアドバイスをご紹介します。理論だけではなく、実際の現場からの声を聞き、学びの質を更に高めていきましょう。

引用文献:

Krashen, S. (1982). Principles and Practice in Second Language Acquisition. Pergamon Press. Nation, I.S.P. (2001). Learning Vocabulary in Another Language. Cambridge University Press.

「あなたの学びを加速する:成功例と実践者からのアドバイス」

head image

【あなたの学びを加速する:成功例と実践者からのアドバイス】

皆さん、第二言語習得論に基づいた学習法の導入を考えたことはありますか?「効果的な学習方法を知っているのに、なかなか結果が出ない」と感じること、一度や二度はあるのではないでしょうか。私たちもその一人でしたが、この理論を取り入れたことで、大きな変化を体験しました。

例えば、スポーツで言うと、上手な選手のフォームをマネするだけでは、その技術やスキルが身につくわけではありません。背後にある考え方や、実際の練習方法、そしてその練習を続けるモチベーションが必要となります。英語学習も同じで、単なる勉強法だけでなく、成功者の体験談やアドバイスが非常に参考になります。

1. マリアさんの体験談:

「私は以前、毎日英語のニュースを聞いてノートにまとめる方法で学んでいました。しかし、第二言語習得論を知った後、毎日の学習内容を見直しました。特に、実際の会話で使うフレーズや、日常生活で遭遇するシチュエーションに焦点を当てるようになり、英語のコミュニケーション能力が大きく向上しました。」

2. ジョンさんのアドバイス:

「単語や文法だけを勉強しても、実際のコミュニケーションでは通用しません。リアルな会話や、友人との交流を大切にし、常に新しい表現を学ぶ姿勢が大切です。私は友人や家族とのビデオ通話で英語を使う機会を増やし、自然な英語のリスニングやスピーキングの能力を高めました。」

3. アリスさんの成功の秘訣:

「私が英語を効果的に学べた理由は、毎日の習慣の中に英語を取り入れたことです。例えば、仕事のメールを英語で書く、映画や音楽を英語のまま楽しむなど、自分の生活に自然と英語を組み込むことがキーとなりました。」

これらの体験談やアドバイスからも分かるように、第二言語習得論に基づいた学習法を取り入れることで、英語学習の効率や成果を向上させることが可能です。そして、実際に成功を収めた人々の声を聞くことで、私たち自身も新たなモチベーションや学びの方向性を見つけることができるでしょう。

最後に、英語学習の道は一筋縄ではいかないものですが、適切なアプローチと努力を続けることで、必ず成果を上げることができます。この記事が、皆さんの英語学習の一助となれば幸いです。次回はさらに深く学びを追求するためのおすすめの記事をご紹介いたしますので、お楽しみに。

【引用元】:

  • マリアさん、ジョンさん、アリスさんのインタビュー記事(英語学習成功者の声, 2022)
head image
「"効率的に英語を習得" - Michael Longの研究が示す最良の方法」
あなたも英語学習の中で、"なぜうまくいかないのだろう?"と疑問に思ったことはないでしょうか。英語をもっと効果的に学びたい...そんな切実な願いを持つあなたに、今回この記事を贈ります。Michael Longの革命的な研究をもとに、私たちがなぜ効果的に学べないのかの理由を明らかにし、その解決策を手に入れることができます。
この記事がおすすめです
head image

英語を試せる無料イベント

英語を試せる無料イベント
ネイティブがよく使う単語2つの組み合わせ(句動詞)の使い方をマスターしよう

英語を試せる無料イベント

英語を試せる無料イベント