第二言語習得論

「クラッシェンの視点から見た英語学習:「獲得システム」と「学習システム」の理解と活用」

thumbnail

想像してみてください。毎日英語を勉強しているあなたが、なんとなく進歩が感じられず、焦りを覚えているとします。そんな時、あなたはクラッシェンの第二言語習得論に出会います。この理論はあなたの学習方法に新たな視点をもたらし、"獲得システム"と"学習システム"の組み合わせ方を理解することで、英語学習がこれまでにないほどスムーズになります。この記事を読むことで、あなたは自分だけの学習法を見つけ、目の前の英語学習の壁を乗り越えるための力を手に入れるでしょう。

「クラッシェンの第二言語習得理論とは - 「獲得システム」と「学習システム」の基本」

head image

クラッシェンの第二言語習得理論とは、スティーブン・クラッシェン教授が提唱した言語学習における重要な理論です。この理論は、特に第二言語として英語を学ぶ際の理解を深めるのに役立ちます。

クラッシェンの理論では、言語習得には二つの独立したシステム、つまり「獲得システム」と「学習システム」が存在するとされています。これらのシステムは、言語学習の異なる側面を扱います。

「獲得システム」は、自然な環境での言語獲得を指します。これは、母語話者の間で自然に会話を交わすなど、自然な状況で言語を吸収するプロセスを示します。例えば、友人や家族との日常的な会話や、メディア(映画、テレビ、音楽など)から自然に言葉を吸収することが含まれます。

一方、「学習システム」は、教室での形式的な言語学習を指します。これは、文法規則の学習や単語の暗記など、教室の設定で教えられる言語の構造的な側面に焦点を当てた学習です。

重要なのは、これら二つのシステムがそれぞれ異なる方法で言語を処理し、理解し、使用するということです。そして、これらをうまく組み合わせることで、効果的な第二言語習得が可能になるとクラッシェンは主張しています。これから、あなたの英語学習にどのようにこれらのシステムを適用できるかについて詳しく見ていきましょう。」

head image
英語を試せる無料イベント
理論を学んだらやっぱり実践、質問や答えの内容を事前に準備できるから 効率的に理解可能で必要な英語を身につけていける。 第二言語習得論を意識した最適な場です。

「獲得システム"の活用 - 自然な環境での言語学習」

head image

「"獲得システム"の活用 - 自然な環境での言語学習

クラッシェンの「獲得システム」は、自然な環境で言語を吸収することを重視します。具体的には、日常の生活や趣味の中で英語を使う機会を増やすことを指します。では、具体的にどうやってこれを実践すればいいのでしょうか?

まず一つ目の戦略としては、英語を母語とする友人を作ることです。これにより、日常的な会話を通じて自然に英語を獲得できます。SNSやオンラインの言語交換サイトを活用すると、英語を母語とする友人を見つけやすくなります。

次に、英語の書籍を読む、音楽を聴く、映画やドラマを見るといった趣味を持つことも効果的です。これらのアクティビティは、楽しみながら自然に英語を吸収することができます。例えば、好きなアーティストの英語の歌詞を理解するために英語を学ぶといった具体的な目標があると、学習意欲も高まります。

これらのアプローチは、「獲得システム」を活用するための具体的な戦略であり、自然な環境での言語学習を強調します。英語学習にストレスを感じている人にとって、これらの方法は学習をより楽しく、かつ効果的にするための一助となるでしょう。これからは、自然な環境での英語獲得を意識的に試みてみてください。

「学習システム"の活用 - 教室での形式的な言語学習」

head image

「学習システム"の活用 - 教室での形式的な言語学習」

クラッシェンの第二言語習得理論における「学習システム」は、形式的な学習環境、つまり教室での学習を指します。ここでは、教師からの直接的な指導や、教科書や教材から学ぶことを重視します。それでは具体的に、「学習システム」をどのように活用すれば良いのでしょうか?

まずは教室で学ぶ重要性から考えてみましょう。教室学習の一番の利点は、専門の教師から直接教えを受けられることです。教師は、あなたが間違えた文法や発音を修正したり、理解できない単語やフレーズの意味を教えてくれます。また、教室での学習は構造化されていて、基本的な文法から順に学べるため、英語学習初心者には特に有益です。

次に、教室での学習を最大限に活用するための方法について考えてみましょう。教室で学んだことを自宅でも復習することが大切です。新しい単語や文法規則は、一度習っただけでは覚えられません。定期的に復習することで、それらを自分のものにすることができます。

また、教室で学んだことを実生活で使う機会を作ることも大切です。例えば、新しく習った単語や表現を、日常生活で使ってみると良いでしょう。このようにすることで、「学習システム」と「獲得システム」を結びつけ、より効果的な学習が可能になります。

最後に、学習は楽しむことが重要です。興味のあるトピックについて英語で考えたり、英語の歌を歌ったり、英語の映画を見るなどして、英語と楽しく触れ合う時間を持つことをお勧めします。

これらの方法を活用すれば、「学習システム」を最大限に利用して、英語学習を進めることができるでしょう。形式的な学習も、自然な言語獲得と両方をバランスよく組み合わせることで、第二言語としての英語習得をより効率的かつ楽しくすることが可能です。

「あなたの英語学習に"獲得システム"と"学習システム"を効果的に組み合わせる方法」

head image

「**あなたの英語学習に"獲得システム"と"学習システム"を効果的に組み合わせる方法**」

スティーブン・クラッシェンの第二言語習得理論に基づき、「獲得システム」と「学習システム」の両方を上手く活用して、より効果的に英語を学ぶための手順を説明します。

1. 自己評価を行う:まず、自分の英語学習の現状を把握することが重要です。これまでどのような方法で学んできたのか、どの領域(例:リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)が得意で、どの領域が苦手なのかを評価します。

2. 学習計画を作成する:次に、自分の学習目標を明確にし、それに向けてどのように学習すべきかの計画を作成します。この際、「獲得システム」と「学習システム」のどちらをどの程度活用するかを考えると良いでしょう。

3. 教室学習(学習システム)を活用する:形式的な学習は、新しい文法や単語を学ぶための重要な手段です。教室での学習やオンラインの言語学習プログラムを通じて、新しい単語や文法を学びます。

4. 自然な環境での学習(獲得システム)を活用する:言語を実際に使う環境を自分で作り出します。たとえば、英語でブログを書く、英語で映画を見る、友人と英語で会話するなど、自分の日常生活の中に英語を取り入れる方法を見つけます。

5. 学習内容を定期的に復習する:新しい知識を定着させるためには定期的な復習が必要です。学んだことを忘れないように、定期的に復習しましょう。

6. 学習の進行を評価し、調整する:最後に、自分の学習進行度を定期的に評価します。評価の結果に基づいて、必要であれば学習計画を調整します。

これらのステップを通じて、「獲得システム」と「学習システム」をうまく組み合わせることができます。自分の英語学習の進行に合わせて、これらのシステムを柔軟に使い分けることで、効果的な英語学習を実現しましょう。

head image
「理論に基づく効果的な英語学習 – Bill VanPattenの革命的研究を日本人向けに解説」
目次 1: 効果的な英語学習の鍵:非文法的手がかりって何? 2: 意味がキー!文法を効果的に捉える方法 3: 「一度に一つのこと」ってどういうこと?英語学習のポイントを押さえよう 4: 初心者から上級者へ:英語の構造を段階的に理解するコツ
この記事がおすすめです
head image

英語を試せる無料イベント

英語を試せる無料イベント
ネイティブがよく使う単語2つの組み合わせ(句動詞)の使い方をマスターしよう

英語を試せる無料イベント

英語を試せる無料イベント