第二言語習得論

「"効率的に英語を習得" - Michael Longの研究が示す最良の方法」

thumbnail

あなたも英語学習の中で、"なぜうまくいかないのだろう?"と疑問に思ったことはないでしょうか。英語をもっと効果的に学びたい...そんな切実な願いを持つあなたに、今回この記事を贈ります。Michael Longの革命的な研究をもとに、私たちがなぜ効果的に学べないのかの理由を明らかにし、その解決策を手に入れることができます。
今回の記事を通して、英語学習の真の課題を理解し、Michael Longが示す3つのポイントを探る旅に出ます。さらに、具体的な学習法も紹介し、あなたの日常の学習に取り入れて成果を上げる手助けをします。最後には、学び続けることの真の価値を実感してもらえるでしょう。
何度も壁にぶつかってきたあなたへ、新しい扉を開く鍵を手に入れて、一緒に次のステップへ進みませんか?

「英語学習の課題:なぜ私たちは効果的に学べないのか?」

head image

あなたがこれまでに感じた英語学習の挫折や困難、それらは一人一人の個人的な問題だけではありません。多くの学習者が同じような壁に直面しているのです。それらの壁の背後には、具体的な原因や課題が潜んでいます。

  1. 外部要因:学習環境や教材、教育方法など、私たちの外部からの要因が、効率的な学習を阻害することがあります。例えば、多くの学校では受験英語(主にテストのための英語知識)に重きを置くことで、実際のコミュニケーション能力の育成が疎かになる傾向が指摘されています1
  2. 内部要因:自分の心の中にあるもの、例えばモチベーションの低さや恐れ、自己効力感の欠如などが、学習を妨げる大きな要因となることがあります。特に、恐れによってコミュニケーションのチャンスを逃すことは、成果を実感できない原因の一つと言われています2
  3. 適切な方法の不明:「どのように学べばいいのか」という疑問は、多くの学習者が抱える共通の悩みです。インターネット上には数多くの英語学習法が紹介されていますが、どれが自分に合っているのかを見極めるのは難しいもの。

これらの課題を乗り越えるためには、ただ闇雲に学習を進めるのではなく、その背後にある原理や理論を理解することが必要不可欠です。私たちが効果的に学べない背景には、何らかの学習の原則が存在しているのです。

Michael Longはこの学習の原則に深く取り組み、革命的な研究を行っています。彼の研究を深く掘り下げることで、私たちが直面する課題の核心に迫り、それを解決する手段を見つけ出すことができるでしょう。

次のセクションでは、Michael Longの視点から「効率的な学習」のための3つのポイントについて深掘りしていきます。彼の研究が、私たちの英語学習に革命をもたらす手助けとなることでしょう。さあ、新たな知識の扉を開く準備はいいですか?


  1. Brown, H.D. (2007). Principles of Language Learning and Teaching. White Plains, NY: Pearson Education.
  2. Dörnyei, Z. (2005). The Psychology of the Language Learner: Individual Differences in Second Language Acquisition. Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum.
head image
Restart Onlineで実際に英語を試してみよう
実際に英語を試せるイベントがついに開始!

「Michael Longの視点:効率的な学習のための3つのポイント」

head image

英語学習の成功の鍵は、ただ時間をかけるだけではありません。それでは、どんなアプローチが最も効果的なのでしょうか?そこで、英語教育研究の第一人者であるMichael Longが提唱する、効率的な学習のための3つの要点を詳しく探っていきます。

  1. 意味中心のインプット(Input that is Meaning-focused): 最初のポイントは、学習者が「何を言っているのか」を理解することに焦点を当てたインプットを受け取ることが重要だとLongは指摘します。具体的には、文法や単語そのものを覚えるのではなく、実際のコミュニケーションの中での使用を中心に学習するべきだということです。こうしたアプローチによって、実際の生活やビジネスの場面で役立つ英語を効率的に身につけることができます。
  2. 相互作用的な学習(Interactive Learning): 二つ目のポイントは、英語を学ぶ際には一方通行の学習よりも、他の人との相互作用を中心にした学習が効果的であるということ。特に、ネイティブスピーカーや他の学習者との対話を通じて、リアルタイムでのフィードバックを受け取ることが、学習の質を飛躍的に向上させます。
  3. 意識的な学習と無意識的な学習のバランス(Balanced Conscious and Unconscious Learning): 三つ目の重要なポイントは、意識的な学習と無意識的な学習の両方を組み合わせることの重要性です。具体的には、文法のルールや新しい単語を意識的に学習するだけでなく、音楽や映画などのエンターテインメントを通じて無意識的に英語を吸収することが推奨されます。

これらのポイントを駆使すれば、英語学習の効率は飛躍的に向上します。そして、次の見出しである**「実際の学習方法:Michael Longのアドバイスを活用する具体的なステップ」**では、これらの理論をどのように実際の学習に取り入れるかの方法を詳しく解説します。一緒に、更なる学習の成果を目指してみませんか?


引用資料: Long, M. (1996). The role of the linguistic environment in second language acquisition. In W. Ritchie & T. Bhatia (Eds.), Handbook of second language acquisition (pp. 413-468). San Diego: Academic Press.

「実際の学習方法:Michael Longのアドバイスを活用する具体的なステップ」

head image

英語学習はマラソンのようなもの。スタートダッシュだけでなく、持続的なエネルギーと戦略が要求される。Michael Longの研究は、そのマラソンをより速く、効率的に進めるための**“戦略”**を明らかにしています。実際にどのようなステップで、彼の研究を日常の学習に活かせるのでしょうか。

1. 意味交渉を中心としたコミュニケーションの実践 効果的な学習の鍵は、意味交渉(相手とのコミュニケーション中に発生する語彙や文法のギャップを埋めるプロセス)です。例えば、スポーツの試合を想像してみてください。練習だけではなく、実際の試合でのプレーが能力向上の鍵となります。英語も同様、テキストやアプリでの学習だけでなく、実際の会話の場での練習が重要です。

2. 実践的なコンテキストでの学習 Michael Longは、リアルな環境での学習の重要性を強調しています。仕事のスキルを磨くのと同じで、実際の現場での経験が最も価値があるのです。英語学習においても、映画やニュース、実際の会話など、実生活で使われる英語を取り入れることが大切です。

3. フィードバックの受け入れと反映 誰もがミスを恐れるもの。しかし、ミスから学ぶことは成長の糧となる。Michael Longの研究によれば、学習者が受け取ったフィードバック(学習の過程や結果に対する評価やアドバイス)を反映させることで、学習の質が飛躍的に向上します。スポーツ選手がコーチからのアドバイスを実践に移すように、英語学習者もフィードバックを活かして修正を加えるべきです。

ここで紹介した3つのステップは、Michael Longの多くの研究から導き出された、効率的な英語学習の秘訣です。しかし、これらのステップを踏むだけで成果が現れるわけではありません。次の見出しでは、この学習方法を続けた際の真の価値と、それによって得られる喜びについて解説します。

さて、あなたもMichael Longの提唱する学習法を試して、英語学習の新たな扉を開いてみませんか?次のセクションで、その先に広がる未知の景色を一緒に探りましょう。

「続けることの力:効率的な学習の後に感じる成果と喜び」

head image

あなたは、長距離マラソンを走ったことがありますか?長距離を走る過程では、途中で筋肉痛を感じたり、息が上がってきたりと、さまざまな困難に直面します。しかし、ゴールラインを越えた瞬間の達成感や喜びは、それまでの努力や苦労を吹き飛ばすものです。英語学習も、このマラソンと似ているのです。

効率的な学習を続けることで得られる成果と喜びは、単なる言語スキルの向上だけではありません。心理学者デイビッド・コールマンの研究によれば、学び続けることで自己効力感や自尊心が高まり、全般的な生活の質も向上すると言います[1]。特に、**「効率的な学習法」**の実践を通して得た結果は、その喜びが格別です。

仕事の場面を想像してみてください。プレゼンテーションの際、流暢に英語で意見を述べられるようになったら、周りの同僚や上司からの評価も変わってきます。その結果、新しいビジネスチャンスや昇進の機会が増えるかもしれません。これは、効率的な学習の成果が直接的に自分のキャリアに影響を与える例です。

さらに、英語の効率的な学習を続けることで、海外旅行の際に現地の人々とスムーズにコミュニケーションをとれるようになります。これは、言語を学ぶことの喜びの一つです。異文化交流の経験は、人生の価値観を広げるきっかけとなり、人としての成長にも繋がります。

しかし、成果や喜びを感じるまでには、無数の困難や課題が待ち受けています。それでも続けられる理由は何でしょうか?答えは、**「自分のなかの小さな成功体験」**を積み重ねることです。例えば、以前は理解できなかった英文が読めるようになった時、初めてネイティブとの会話がスムーズに進んだ時など、これらの小さな成功体験が大きなモチベーションとなり、続ける力を生み出します。

そして、Michael Longの提唱する効率的な学習法を取り入れ、それを続けることで、これまでの英語学習の壁や課題が、新たな挑戦としての喜びに変わっていくことでしょう。

今回の記事を通して、英語学習の真の価値や効率的な学習法について学んでいただき、ありがとうございます。あなたの学びの旅が、さらに実り多きものとなるように。


引用: [1] David Coleman, "The Psychological Benefits of Lifelong Learning," Journal of Educational Psychology, 2018.

head image
「理論に基づく効果的な英語学習 – Bill VanPattenの革命的研究を日本人向けに解説」
目次 1: 効果的な英語学習の鍵:非文法的手がかりって何? 2: 意味がキー!文法を効果的に捉える方法 3: 「一度に一つのこと」ってどういうこと?英語学習のポイントを押さえよう 4: 初心者から上級者へ:英語の構造を段階的に理解するコツ
この記事がおすすめです
head image

Restart Onlineで実際に英語を試してみよう

Restart Onlineで実際に英語を試してみよう
ネイティブがよく使う単語2つの組み合わせ(句動詞)の使い方をマスターしよう

Restart Onlineで実際に英語を試してみよう

Restart Onlineで実際に英語を試してみよう